NEWS

【DCLドイツ大会のご報告】『RAIDEN RACING』初出場のヨーロッパ最高峰ドローンレースリーグ『Drone Champions League2018』開幕戦2位、第2戦3位と、連続表彰台!

By 2018年6月25日 No Comments

DRONE SPORTS株式会社(以下 弊社、本社 東京都港区、代表取締役 小寺 悠)が運営する、日本初となるプロフェッショナルドローンレースチーム『RAIDEN RACING』(以下 RAIDEN)は、6月22・23日にドイツ・ミュンヘンにて開催された『Drone Champions League』(以下DCL)に出場。チーム初となる海外遠征ながら第1戦で2位、第2戦で3位を獲得し、2日連続での表彰台となりました。7月4・5日に出場するDCLスペイン・マドリード大会にも期待がかかります。

DCLドイツ大会に関するプレスリリースはこちら

◆ 海外戦チーム初出場となった『Drone Champions League』で好成績を収めたRAIDEN

RAIDENは6月22・23日、ドイツ・ミュンヘンで開催されたプロフェッショナルドローンレースリーグ『Drone Champions League』に出場。リーグ開幕戦となった22日の第1戦で2位、続く23日の第2戦で3位を獲得いたしました。
RAIDENは日本初となるプロフェッショナルドローンチームであり、海外での実戦経験の少ない中で快挙となります。
尚、​第2戦を終えた時点で、シーズン順位1位は450ポイントのNEXXBlades(イギリス)。次いで420ポイントのRAIDEN、330ポイントのROTORAMA(チェコ)が追う展開となっています。

第1戦の戦況はこちらの記事に掲載しております。

第2戦の戦況は以下の通り。
予選は8チーム中5位となり、準々決勝ではAIR CARVERS GERMANY(ドイツ)と対戦。各チームのパイロットが1on1で競う単機戦は2対2のまま、両チームのドローン全8機が飛び交う最終戦へと突入。混戦の末、1着は相手チームの選手と思われたが、ゴールゲートヘ接触してゴールインできず。1位DK、2位KAZUMA、3位TAKUMIとRAIDENレーサーが上位を占める結果となり、準々決勝へ駒を進めた。
準決勝では、前日、RAIDENが勝利した前年度王者Nexxblades(イギリス)と再び対戦し善戦したものの、相次ぐ機体トラブルにより敗退を喫した。別グループで行われた準決勝の結果、RAIDENは総合ポイントで3位に入賞し、見事2日連続の表彰台に登る結果となった。

◆次回レースは7月4・5日のDCLスペイン・マドリード大会!
RAIDEN次回出場レースは、7月4・5日開催のDCLスペイン・マドリード大会です。
帰国したばかりですが、1週間でドローン機体を整備し、次回レースへと備えます。
スペイン大会へも勝利の期待が高まります。

戦況の速報は各種SNSにて公開いたします。
引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

◆DCL2018シーズン スケジュール
RAIDENの挑戦はまだまだ続きます!

・第1戦・6月22,23日
ドイツ/ミュンヘン
・第2戦・7月4,5日
スペイン/マドリッド
・第3戦・8月10,11日
中国/万里の長城
・第4戦・8月31日,9月1日
リヒテンシュタイン/ファドゥーツ
・第5戦・9月21日,22日
ベルギー/ブリュッセル
・第6戦・10月12,13日
スイス/チューリッヒ湖

引き続きまして、RAIDENへの応援のほど宜しくお願いいたします。

お問合せフォーム